« 生石高原&あらぎ島 | トップページ | 第165回 荒山公園“観梅” »

2016年1月23日 (土)

耐寒金剛登山2016

庭代台子どもネットワーク耐寒金剛登山
心配していた大寒波到来でしたが、曇り空ながら穏やかな冬日和に恵まれ、気持ちのいい金剛登山になりました
今回、22回目のネットワーク耐寒金剛登山です。
朝8時に小学校に集合した参加者は大人55人、子ども42人、幼児5人の総勢102人
バスはスムーズに進み、予定通りロープウェイ横の駐車場に到着。
準備体操を終え、10時過ぎには元気にスタートしました。Cimg1229


雪遊びを楽しみに登る子どもたちですが、今年は暖冬でした。
2日ほど前に少し降ったみたいですがどうでしょう
雪、あるかな~
初めて参加する子どもたちのために雪あったらいいのにな~

12班に分かれて登ります。
私は最終班。
遅れる人をフォローしながら登ってくださいという班でした。
自分のことだけで精一杯なのに

今年も文殊尾根コースCimg1232_2
3年目です。

百ヶ辻から10分も歩くと左側に山に入る道が出てきました。いきなりの急登です。
102人が一列になって登っていく訳ですから、向こうから下りてくる人がいると大変です
他の登山者に迷惑がかからないように、できるだけ人の少ないコースを登ることになっています
こちらは山の丸い部分をどんどん登って行くコースです。
30分程ごとにちょうどいい休憩場所があり、割り合い歩きやすい道です。

このあたり雪は全くありません。
子どもたちも元気でどんどん歩きます
列の最後尾は私にもちょうどいいスピードでした

あそこまで行けば休憩かな~Cimg1235

少し登るとうっすらと雪が積もっていました。
今年の子どもたちは、みんな元気で「しんどいよ~」と言い出す子どもたちもいないようでした。
スタッフも手慣れたもので、スムーズにどんどん歩を進めました

登りが緩やかな場所で小休止。
Cimg1237

Cimg1241木立ちが美しい。

Cimg1244

文殊岩屋分岐点でアイゼンを付けることにしました。
去年、一昨年と参加している子どもたちもいて、
アイゼン装着もスムーズでした。
お母さんも手慣れています。

Cimg1247




文殊岩屋の辺りからは景色が開けて高低差もない尾根道になりました。

唯一、展望が開けるところ。
冬景色が拡がります。

 

Cimg1255
のんびりと山の景色を愉しみながら歩くこと。
子どもたちの記憶にも残ることでしょう。
Cimg1258


雪が少しずつ増えていきます。
こうなったら、雪遊びをせずにはおれない子どもたち
これがいいんですよね

Cimg1265


「早く歩きなさいよ~」という先生の言葉も響きません
折角なので、遊ばせてあげたいです

Cimg1268

Cimg1269

ここまで来ると、やっと樹氷も綺麗に見えてきました。

Img_5777


国見城址に着いたのは12時少し前でした。Img_5780_2



気温は-1℃。
温かいです。

Img_5782



トイレ休憩後、登頂スタンプを押してもらって、ボチボチ出発。
急がなくていい。
豚汁の待つキャンプ場まで、後30分ほどです。

Cimg1273
今回も参加してくださった岸田さんご夫婦
今回で3006回目だそうです
今週発行の泉北コミュニティにも紹介されていました。
ご夫婦で同じ回数登っておられる岸田さん。
山頂でご主人の博石さんの新しい絵板を発見
本当に素敵ですね~

キャンプ場までもうひと歩きです

キャンプ広場に着いたのは1時少し前でした。
ペコペコのお腹に
暖かい豚汁をいただいてHappyに
毎年、これが何よりの楽しみです
豚汁班のお母さんたち、ごちそうさまです
Cimg1279

Img_5783



今年はそり遊びができるほどの雪がなくて少し残念でしたが、雪合戦で愉しんでくれたかな?

少し時間があったので、手のひらにピーナッツを乗せて、鳥寄せをしている人に密着
カワイイ~Cimg1282


Cimg1285


最後に集合写真を撮影
102人が綺麗に収まるのはなかなか難しい
みんなカメラの方、見てよ~

Cimg1286001
帰りはいつもの通り、伏見峠を一気に下りました。
ゴール間際に凍る滝を見つけて、大喜びの子どもたち。
一緒に滝に駆けつけてしまう私って…Img_5792


Img_5791綺麗~
思わぬ自然からのプレゼントでした

そんなこんなで、今年の耐寒金剛登山も無事に終えることができました。
在職中にこの金剛登山をスタートさせてくださった山本好隆元校長先生を始め、豚汁班のお母さんたち、スタート時のスタッフメンバーが今も健在だからこそ続けて来られています
これは本当に素晴らしい庭代台の宝物です。
校長先生を始め、若手の先生方が一緒に登ってくださるようになり、
いい感じで受け継がれていくことが何より嬉しいです
今回も102人の参加者が、怪我をする人もなく、みんな愉しく歩き通せました。
子どもたちの心にいい思い出として刻まれることを願います
みなさん、ご苦労様でした

 

« 生石高原&あらぎ島 | トップページ | 第165回 荒山公園“観梅” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐寒金剛登山2016:

« 生石高原&あらぎ島 | トップページ | 第165回 荒山公園“観梅” »

フォト

過去のお知らせチラシ

フレンドリンク

無料ブログはココログ