« 千利休・与謝野晶子ゆかりの地散策と銘菓店巡り | トップページ | 第173回 道明寺天満宮“観梅”と古市古墳群 »

2017年1月28日 (土)

耐寒金剛登山2017

庭代台子どもネットワーク耐寒金剛登山
今回、23回目を迎える耐寒金剛登山です。
真っ青な空が拡がる絶好の登山日和。
大人43人、子ども27(内、幼児2人、中学生1人)の総勢70人が朝8:20に集合しました。
庭代台小学校からも校長、教頭を始め、9人の先生方が参加してくださいました。
そして、この耐寒金剛登山の発起人である元校長の山本好隆先生
今年80歳を迎えられるそうですが、登山では現役続投
スタート当時のPTAや仕事仲間だったメンバーも私を含め、10人近くが続投中
みんな、先生が登り続けられる限り、頑張ろうと思ってます
今年は人数は少し少なめでしたが、和気あいあいとした愉しい山歩きになりました。

Cimg3331


バスはスムーズに進み、予定通りロープウェイ横の駐車場に到着。
若い先生の元気な号令で準備体操を終え、10時過ぎにはスタートしました。

3日ほど前は新雪が積もっていたそうですが、昨日おとといの暖かさでどうでしょう
それでも登山口から雪があり、早速アイゼンを装着。 

Cimg3334


9班に分かれて登ります。
私は最終班。
遅れる人をフォローしながら登ってくださいという班でした。
自分のことだけで精一杯なのに

今年も文殊尾根コースを登ります。
大勢で登るのですから、
他の登山者に迷惑がかからないように、
できるだけ人の少ないコースを登ることになっています
こちらのコースは今年で4年目。
百ヶ辻から10分も歩くと左側に山に入る道が出てきます。
いきなりの急登Cimg3336

山の丸い部分をどんどん登って行くコースです。
30分程ごとにちょうどいい休憩場所があり、割り合い歩きやすい道です。

暖かくて溶け出してはいましたが、
それでも子どもたちには珍しい雪に大はしゃぎ
雪の玉を作りながら、重い雪玉を抱えて登る子もいます。
列の最後尾は私にもちょうどいいスピードでした。
スタッフも手慣れたもので、スムーズにどんどん歩を進めました

Cimg3339

登りが緩やかな場所で小休止。
木立ちが美しい。
山本先生も着実に歩を進めて行かれます
先生の後ろを付いて行くのがちょうどいいスピード

Cimg3342


見上げると、こんな感じCimg3347

文殊岩屋の辺りからは景色が開けて高低差もない尾根道になります。

唯一、展望が開けるところ。
冬景色が拡がります。

Cimg3349

のんびりと山の景色を愉しみながら歩くこと。
雪遊びをしながら、ワイワイキャーキャー登ること。
これがいいんですよね~
きっと子どもたちの記憶にも残ることでしょう。Cimg3352



Cimg3353




歩き始めて2時間。
この標識にホッとさせられます

Cimg3354


転法輪寺で小休止

本日の山頂の気温は0℃。Img_9579






Cimg3358_3
今回は、18年ぐらい前にこの金剛登山に参加したという現在30歳前後と言う林さんご姉弟が参加してくれていました。
その時の校長先生は?とお聞きすると山本好隆先生でした
こういうのが何より一番嬉しいな~

さあ、豚汁の待つピクニック広場までもう少し。
頑張って歩きましょう

最後尾の私たちが到着する頃には、もう先発組は食べ終わって、Cimg3361
子どもたちは雪合戦の真っ最中。

大急ぎでお弁当を広げました
豚汁、旨~い
豚汁班のお母さんたちも20年来メンバーです
毎年、温かい豚汁の準備、ありがとうございます

Img_9584

青空の下、太陽もポカポカといい気持ちImg_9586_2
先生方やスクールキーパーの岩崎さんと雪合戦に興じる子どもたちのはしゃいだ声。
幸せな気分になりました

下山の前にみんなで集合写真に納まりましたCimg3366
午後2時、伏見峠から念仏坂を一路下山。
予定通り3時過ぎには駐車場から出発、4時20分ごろ庭代台に到着し、
解散することができました。
今年も愉しい金剛登山になりました
スタッフの皆さん、お疲れ様でした~

« 千利休・与謝野晶子ゆかりの地散策と銘菓店巡り | トップページ | 第173回 道明寺天満宮“観梅”と古市古墳群 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐寒金剛登山2017:

« 千利休・与謝野晶子ゆかりの地散策と銘菓店巡り | トップページ | 第173回 道明寺天満宮“観梅”と古市古墳群 »

フォト

過去のお知らせチラシ

フレンドリンク

無料ブログはココログ